2005年10月06日

定位盤(じょういばん)

まず↓の図をごらんください。
定位盤
これは定位盤(じょういばん)または九星盤(きゅうせいばん)と呼ばれるものです。

東・東北・西・西南・南・南東・北・北西、プラス中心(中宮)に分類され、その中に九星が配置されています。
なお、この定位盤は通常の地図を見る時と違い、南が上、北が下、東が左、西が右と通常の地図を180°回転した状態になっています。

この定位盤の九星は、毎年、毎月、毎日、規則的な移動を繰り返しています。

それぞれの方角、星には意味があります。

この定位盤と年盤・月盤・日盤を組み合わせることで、相性の良い方位やその時々のバイオリズムをチェックする事ができるのです。

投稿者 Mercury : 19:54

- スポンサード リンク -