2005年11月17日

方位取り(祐気取り)で開運しよう!

気学では、良い方角へ行けばよい事が起き、悪い方角へ行くと悪い事が起きるという、極めて単純な理論です。

その良い方角へ旅行や引越しをすることを、方位取り(祐気取り)と言います。流派によって、引越し→方位取り、旅行→裕気取りと使いわけている所もあります。

自分にとって良い方角へ行き、その土地の気を吸収することで、エネルギーが蓄えられ、気付かぬうちに良い事が起きてるかも・・・といった感じになります。
魅力的になり、以前よりもモテるようになった、営業成績が上がったといったことも多々あるようです。

たまに、「前に占いやってもらったら、私は西が良い方角らしいよ!」と言って、常に西を意識している方がいますが、それは超キケンです。

気は常に巡回しています。自分にとって相性の良い方角も常に巡回しているのです。ですから、その時は西がよい方角でも、翌月になると、絶対行っては行けない方角となることもあるのです。

その時に良い方角と思い込んで行っても、本当は最悪の方位ですから、良いことなんて起きるはずありません。くれぐれも気を付けましょう。

良い方角へ行くことよりも、悪い方角へ行かない注意が必要です。



投稿者 Mercury : 21:19

- スポンサード リンク -